亜愛一郎の狼狽
最近はなかなか長編を読み進めるのが億劫で・・・
東西ミステリーベスト100」でも紹介されて気になっていた短編集を購入しました。
b0170184_2353542.jpg

亜愛一郎の狼狽/泡坂妻夫


「東西ミステリーベスト100」で、国内編の16位になっていた「狼狽」と、その続編2冊「転倒」「逃亡」です。
主人公の名前は、名探偵一覧を作った時に五十音順でもアルファベット順でも先頭に来るように考えられた、というもの。

やはり、海外物と比べると登場人物等が頭に入ってきやすいってのはあるんですが・・・
最近新しく買ったミステリの中では一番面白かったです!一気に3冊読み終えてしまいました。
今まで知らなかったのが残念なくらいです~
[PR]
by tricolore_5 | 2013-07-05 00:07 | Books & Magazines  | Comments(2)
Commented by lalapanda at 2013-07-05 17:47
やっぱり登場人物がわかりやすいのがいいですよね!
短編だと区切りもつけやすいんで読みやすいですよね~
Commented by tricolore_5 at 2013-07-05 22:32
lalapandaさん、ですです!!

通勤の地下鉄や寝る前にちょっと読むにもちょうど良かったりします~
<< SEIKO x GIUGIAR... ロゴの秘密 >>